イントロダクション
リテラシーレベル
本編

INTRODUCTION ─

セリーナ / 世の中には有象無象のニュースが溢れ返っています。日々私が一般企業の方々と接していて思うのは「役職レベルが上の方でもメディアリテラシーが低い方が多いなぁ」ということなんです。

高橋 / 例えば、Yahoo!ニュースを正しく活用できている人って、どのくらいいるのかなと思いますね。Yahoo!では新聞記事もネットニュースも同列に扱われ、ハイスピードで消費されていく。報道の分野以外の方と話していると時々ビックリするのですが、ニュースソースに対しての意識が低すぎるんですよね。
「ジャニーズのXくんが婚約したんだって」「それ、どこに書いてあったの?」「Yahoo!に書いてあった」。そんな会話が普通に飛び出してきます。ニュースソースを一切確認せず、表面的な文章を一方的に信じ切っているんですよ。これは怖いなぁと思いますね。私はそういう話をする人には「出典元も確認しないでニュースを見ているのかよ!」といつも説教するんですけど(笑)。彼らは全国紙もネットニュースも真実性を疑うことなく、全部同列に理解しているわけでしょう。

セリーナ / 日本では圧倒的にYahoo!ニュースを読んでいる人が多いですよね。若者が「ググる」とか言っていますけど、実際は「ヤフってる」わけです(笑)。私はYahoo!の広告が気になってしまって仕方ない。このインターフェースを見ていると、広い視野を失いそう。なんだか囲い込まれている感じがしますね。

高橋 / なるほど。

セリーナ / 多くのネットメディアはタイトルがキャッチーであれば、中身はなくても閲覧数が格段にアップするようですね。

高橋 / それにより、くだらない記事が世に量産されるループに陥っているんですよ。ときどき私はネットメディアからの執筆依頼を受けて1本5千円~1万円で原稿を書くこともあるんですが、週刊誌とは書き方自体が違うんです。普通、読み手にわかりやすいように理路整然と書こうとすると起承転結の形になるわけですけど、ネットニュースでは編集者が「とにかく前半に美味しいところを全部持ってきてくれ」と言うわけです。
「もっと前半を過激にしてくれないと誰も読みませんよ」と指示が飛んでくる。逆に言えば、後半部分はどうでもいいんだって。ネットニュースを好む読者は、基本的に長い文章を読まない。あるいは読めない層だと思うんです。ファクトや論理展開はさておき、「早く結論だけが知りたい」と。

セリーナ / ある出版社の方は「今の時代、動画ですら1分以上は見ない」と話していましたね。学力が落ちてるのかな……。

高橋 / 最大140文字のツイッターがこれだけ世間に浸透したのも、こうした背景があるのかもしれませんね。

セリーナ / しかも、その140文字すら最後まで読まず、正確に理解できていない人が多いじゃないですか。「トリニータタイソウ」の件では様々な意見を頂戴しましたが、「それ、さっき公式見解で発表しましたよね」という内容のものが多かったです。例えば、「あなたの見解を読みました。長々と書いてありますが、要するにあなたは悪くないっていう考えなのですね」とか……。でも、全体を通してしっかりと読み込めば、そういう感想にはならないわけです。「読解力がないんだなぁ」と思ってしまいましたね。中学高校の現代文のテストで「この文章の結論を述べなさい」という問題がありますが、批判してくる人たちはきっと0点の解答ばかりですよ。読解力を付けると共に、世の中に溢れるニュースから信憑性のある記事を見極める術が必要ですよね。

高橋 / 前回の対談で一般読者が考えるニュースの信憑性のランキングによると、1位は新聞、2位はテレビ、3位はネット、最下位が週刊誌でした。あれは衝撃的な結果だったなぁ。

セリーナ / 数年前、「文春砲」という言葉が生まれたじゃないですか。あの現象は「週刊誌といえども、ここまで取材ができるんだ」という意外性の裏返しだと思うんです。「週刊誌、意外とやるじゃん」という。あれが新聞だったとしたら、あそこまでの拡散力はなかったように感じます。

高橋 / 週刊誌の内部にいた人間からすると、文春が「文春砲」と言われ始めたことに少なからず違和感を抱きましたね。だって、文春は20年以上前からまるで〝諜報機関〟のような凄まじい取材力を誇っていたわけで、「いまさら文春砲って……」という感じ。20年間、文春の緻密な取材手法はずっと変わっていない。同じことを毎週続けてきて、ようやくベッキーの(不倫スクープの)おかげで世間一般に認知されたわけです。旧知の文春関係者に「最近調子いいね」と声を掛けると、「なんでそんなに騒いでいるんですか。ずっと我々は変わっていませんよ」と口を揃えますね。

セリーナ / たしかに、ベッキーのスクープは、私が週刊文春という媒体名を知るきっかけになりました。広告で言うところのアドバタイズ&オペレーションがうまくいったということでしょうね。ポイントはやはり意外性ですよ。それによって発行部数は増えたんでしょうか?

高橋 / 大して増えていないと聞いていますね。テレビで拡散された後、ネットで消費されてしまうので、実際に購買に結びつくかといったら微妙でしょうね。 セリーナ たしかに人気と認知尾は違いますもんね。ところで、文春の読者と「Serenade Times」の読者って同じ年齢層じゃないかなと思うのですが、いま一番読まれている記事はどのような分野なのでしょう?

高橋 / 週刊誌全体のキラーコンテンツというものがあって、ずばり老人モノですね。「死後の手続き」「相続特集」「がんの最先端医療」「お墓の選び方特集」など、終活に関するものが抜群に売れます。スクープを掲載しても、実際そんなに数字は左右しないのですが、老人モノをやると実売数が跳ね上がるといいます。

セリーナ / 自分自身の老後が心配で、他人に興味を持っている場合じゃないんでしょうね。

セリーナ / さて、いよいよ本題の「ニュースの読み方講座」に入りましょう。

本編は右上ボタンから▲

リテラシーレベル1

高橋 / 実は結構簡単なことで、いくつかの着眼点にさえ注意すれば、格段に記事の真実性を見極めることが出来るようになります。

セリーナ / では、順を追ってポイントを解説してもらいましょう。

高橋 / 1つ目のポイントとしては「当事者に取材をしているか確認せよ!」(レベル1)ということですね。芸能記事であれば、最終的には疑惑のある芸能人に直接取材をしなければいけないし、それが叶わなかったとしても所属事務所に取材趣意書を送付し、彼らの見解はしっかりと聞かねばなりません。この作業を業界用語で「当て取材」といいます。ところが、案外、この作業を経ていない記事が世の中に氾濫しています。記事の最後に「○○本人に問いただしたところ~」「事務所に問い合わせたところ~」という一文があるのが普通なんですが、ちゃんと当てていない記事は、一切そうした文言が見当たらないんです。その時点で読む価値なしでしょう。

セリーナ / なるほど、それは意外と知られていないですよ。当事者に確認もせずに書いていると思っている読者がほとんどじゃないですか。取材対象者に(取材趣意書を)無視された場合はどうするんですか?

高橋 / 無視された場合は「期日までに返答はなかった」とちゃんと書きますね。かりに記事によって(取材対象者から)名誉毀損で訴えられた場合、「当て取材がなかった」というのは決定的なマイナスポイントになりますし、「取材を尽くした」「正当な取材方法に則った」ということを示すためにも当て取材は絶対重要なんですよ。一方で、取材される側からすると、答えるも答えないも自由なのですが、例えば企業の不祥事ネタの場合、(当該企業が)取材対応をしないというだけでマイナスイメージが付いてしまいますよね。

セリーナ / たしかにそうですね。メディア対策ができない広報マンって少なくないと思います。メディアの内情を知ることは、メディア対策の第一歩なわけですよね。

高橋 そうそう。広報マンには「宣伝広報」と「危機管理広報」の2種類の仕事がありますよね。重要なのは危機管理で、メディア対応を一歩間違うと、一瞬で会社を潰す事態にもなりかねません。メディアからの質問状を無視するというのは最悪の対応ですね。

セリーナ / 企業の危機管理術というテーマにも広がりそうですね。

高橋 / 次回やりましょう!