Sensitive Gift Detail

汚れた手などを拭う布

前述の通り、鈴木学院関係者にとって賄賂(おくりもの)とは、人間関係を円滑にするための潤滑油のようなもの。
しかし、そのためには必ず誰かがその手を汚している事実も、忘れてはならない。

例えば、鈴木学院に通う我が子が粗相をはたらいてしまった時、それを隠蔽(いんぺい)するために雇われた者の汚れた手を、心を、そっと拭って癒してくれる。
それこそが、この“汚れた手”などを拭う布なのだ。

布の製作は、1925年に京都にて創業した、大東寝具株式会社のガーゼ素材に特化した寝具・寝装品を扱うブランド・京和晒綿紗(きょうわざらしめんしゃ)が担当。


昔ながらの製法にこだわり、晒から縫製、検品に至るまで、全てクラフトマンシップの国・日本の工場で行う。
化学染料や柔軟剤などは一切使用せず作られた、この五重ガーゼ

だからこそ、肌が弱い赤ちゃんから高齢者まで、様々なストレスに晒されて敏感になった肌と心を癒すことができるのだ。
ワンポイントには「ワケがわからないけど可愛くて癒される‼︎」と、世界中の王侯貴族などのセレブリティを魅了する、ミリシリーズアート

で有名なセレーナ・ベルトゥリー氏の代表作“ミリ”(Milli)

の刺繍が施されている。

鈴木学院関係者とのレベルは違っても、日々様々なことで手を、心を汚している自分へのご褒美に、あるいは、あなたのために手を汚してくれたあの人に、そっと手渡してみてはいかがだろうか?

Sensitive Gift Line up