おくりもの
「賄賂」

たとえば、我が子の粗相を“無かったこと”
にしてもらった時。
たとえば、我が子のケガの手術を
最優先してもらった時。
便宜を図ってくれた相手に、ほかの誰にも
気付かれぬようそっと渡す“それ”。
一般人にとって“おくりもの“とは、友達の誕生日や、
母の日、父の日etc…
基本的には身内の誰かに贈られ、それによる見返りを
期待するものではなく、
あくまで“送る側“と”受け取る側“の内々で完結する。
しかし、家柄、財力、権力、学力、その全てを兼ね備える者だけが入学を許される、
鈴木学院関係者にとっての「賄賂」おくりものは、人間関係を円滑にするための潤滑油のようなもののように思える。
―――渡すからにはもらう。もらうからには渡す。
この関係を正しく理解し、「賄賂」おくりもの
駆使できなければ、人類の進歩に大きく貢献する
“人財”にはなれない。―――
と、鈴木学院附属校帝王学教授・キングダム ハーツ氏
は語る。
我々一般人も、鈴木学院関係者に一歩でも近付き、
スムーズに生きていくために、
一般人でも購入できる価格の「賄賂」おくりものを、
鈴木学院関係者の皆さんにご紹介いただいた。

Okurimono (a gift)

For example, when your child’s crude phase is set to “never existed”.
For example, when your child’s injury surgery is given top priority.
Give it to the person who has given you the convenience so that no one else will notice it.

Typically, a gift is for a friend’s birthday, Mother’s Day, Father’s days, etc…
Normally it is sent to relatives and It’s not something you ’d expect in return,
It is something that should be completed within the “sending side” and “receiving side”.
However, Okurimono for Suzuki School students, who are only allowed to enter the family,
financial power, power, scholastic ability, seems to be like a lubricant to facilitate human relations.

You need to understand that if you get it, you give it back and if you give it, you get it back.
If you cannot understand that, you cannot become human resource that greatly contributes
to human progress. Said Kingdom Hearts, Professor of Emperor Studies at SuzukiSchool .
In order for us to become close to Suzuki School studens and to live smoothly, we asked Suzuki
Gakuin’s students to introduced the “Okurimono” that can be purchased by ordinary people.