2020.01.20

SPECIAL TALKS

Vol.4

『おじ説』手帳を作る!

元銀座No.1ホステスで、現在は実業家として様々な事業を展開している鈴木セリーナと、ファッション動画マガジン「MINE(マイン)」で編集長を務める秦 亜衣梨による対談連載。最終回のテーマは、働く女性のプライベートと、これからやっていきたいビジネスについて。やりたいことのアイデアが次々に溢れ出てくる、お二人の会話に注目です。
文=島野美穂(清談社)写真=関大介(世紀工房)

プロフィール

秦 亜衣梨
大学時代に始めたライターアシスタントの経験を活かして、フリーのライターとして本格的に活動開始。大学卒業後、女性誌『GLAMOROUS』(講談社)でフリーのエディターとして独立した後、女性誌『GINGER』(幻冬舎)の創刊メンバーとして参加。本誌以外に、モデル平子理沙のスタイルブック『Girls Girls Girls』や、菜々緒ポーズを生み出した女優、菜々緒の写真集『1028_24 菜々緒 超絶美脚写真集』、『菜々緒スタイルブック』の編集、執筆を担当。その後、CCCメディアハウスの女性誌『FIGARO japon』へ。アーティスト松任谷由実の連載を担当。2017年11月よりファッション動画マガジン『MINE(マイン)』の編集長を務める。
鈴木 セリーナ
大分県出身。幼少期から英才教育を受けお嬢様として育つ。16歳の頃、親への反発心からドロップアウト。年齢を隠して、地元クラブのホステスとなる。20歳の頃、「銀座のクラブのママになりたい」と夢見て上京。当時、テレビで有名だった銀座高級クラブ「F」で働く。相手の懐に飛び込むトークと物怖じしない性格が受け、たちまち人気ホステスとなる。その後、銀座老舗クラブ「江川」に引き抜かれ、売上ナンバーワンに。銀座ホステスを辞めてからは、主に文房具を扱う企画会社とタレントのキャスティング会社を起業。マルチクリエイティブプロデューサーとして、ビジネスの世界でも成功を収める。実業界から政界、マスコミ業界まで、様々な業界のトップクラスと親交が深いことでも知られる。

『おじ説』手帳を作る!

お二人のプライベートについて、お話しいただければと思います。

私、秦さんのプライベートについて、ほとんど知らないんですよね。結婚はされているんですか?

はい、してます。

そうなんですね!

よく、結婚してなさそうって言われるんですよね。

秦さんは、家庭と仕事との両立で、工夫されていることはありますか?

私はかなり自由に仕事をやらせてもらっているので、いつもありがたいなと思っています。もう、本当に自由なので、家事をちゃんとできているかと言えば、そんなこともないし(笑)。

でも、そうじゃないと働けないですよね。

そうですね。でも、昔からこんな風に、柔軟に考えていたわけではないんです。「仕事は仕事、家庭は家庭。」と、もっときっちりしていたというか。

何か、心境の変化につながるような出来事があったんですか?

あるとき、今と同じように、「仕事と私生活の両立はどうしてるんですか?」と聞かれたことがあったんです。聞かれてはじめて気付いたのですが、私、“仕事とプライベートは分けるもの”と、勝手に思い込んでいたんですよね。そして、私にとってその考え方が、ものすごくストレスになっていたんです。
今はもう、ストレスはほとんどありません。それはなぜかというと、結局、私は仕事が好きで、プライベートと無理やり切り離す必要がないと思えるようになったからです。そう考えるようになってから、すごく楽です。休みの日でも関係なく、メールで仕事のやりとりをしちゃいますね。

秦さんにとって、仕事と家庭を分けることが、ストレスだったんですね。一方、セリーナさんはどうでしょうか。仕事と家庭に区別をつけますか?

私も区別はしないですね。そもそも、企業に勤めた経験がないので、仕事の時間と、プライベートの時間の線引きが、ずっとないままで生きてきました。なので、分けるという概念自体が、ないんだと思います。

プライベートも仕事も、線引きしないというところが、セリーナさんと秦さんに共通していますね。そんなお二人が、次にどんなビジネスを考えているのか、教えていただきたいです。

やりたいことはたくさんあります。たとえば、『おじ説』手帳の制作とか。『おじ説』動画がさらに成長して、より多くのファンができたら、その方々に使ってもらえるような手帳を作りたいんです。

どんな手帳なのでしょうか。

今考えているのは、女性の悩みに寄り添えるような手帳ですね。日替わりの応援メッセージが書かれているようなイメージです。ほかにも、手帳を持っている同士が集まるセミナーをしても面白そうだなと、考えています。

いいですね、それ。

手帳の活用術をシェアするセミナーとかどうですか? オンラインでの講座もできそうですよね。

手帳ひとつで、色々できそうですね。

あとは、『おじ説』の楽曲制作プロジェクトも、絶賛準備中です。

『おじ説』に曲があるんですか?

『おじ説』のCMがあって、先日、渋谷のスクランブル交差点にある大型屋外ビジョンで、流してもらったんです。

かなり、インパクトのあるCMですね!

  • そうなんです。最初はもっと真面目なのを作っていたんですけど、もうすぐ完成という段階のときに、秦さんの「もっと振り切ったほうがいいんじゃない?」という鶴の一声がありまして(笑)。それで、最終的にああいう形のCMになりました。
  • 完成間近だったCMを、スタッフがたった一晩で変えてくれたんです。もう、感激ですよ。おかげさまで素晴らしいCMになりました。

それで、このCMで使われている音楽を、ちゃんと作ろうというのが、『おじ説』楽曲制作プロジェクトです。

ちょっとテクノっぽい感じの音楽ですよね。

そうです。CMに使用されているのが15秒バージョンなので、これを3〜5分くらいのフルバージョンにしようと思っています。動画内でナレーションをしているのが、『3ミニッツ』の社員の比嘉さんという方なんですが、歌もその方を起用することが決定しています(笑)。

完成した楽曲は、どこかで配信する計画なのでしょうか?

それは、やり始めてから考えようかなって。

そうですね。

最初からかっちり決めないほうが、アイデアの幅が広がります。作り手もそのほうが楽しいし、結果的にそうやって生まれたものが、より多くのお金を生んでくれると、私は思っているんです。恐らく、MBAを学んでいる方には、真似できないことだと思います。

面白いですね。

作ったものを、iTunesで配信してもいいし、CDを作ってレコード会社に売り込むことだってできます。そうしたら今度は、CD購入者限定の特典会もできそうですね。動画に出演しているおじさんたちのサイン会とかしても面白そうです!

現時点で、これだけアイデアが出てくるのがすごいです。

比嘉さんも今はイチ会社員ですけど、CDが完成したらアーティストになるわけで、今までとは違う活動ができますよね。とにかく、アイデアだけが色々生まれているという状況です(笑)。

まだまだお聞きしたいところですが、そろそろお時間です。

時間が足りないですね。もっとお話ししたかったです。

そうですよね。では、次は『未来会議』でお話ししましょう!

未来会議って、なんですか?

手帳や楽曲制作をする会議です。今考えました(笑)。

いいですね。やりましょう!