2019.05.28

SPECIAL TALKS / Vol.2

メジャーデビューまでの道のり

元銀座No.1ホステスで、現在は実業家として様々な事業を展開している鈴木セリーナと、音楽プロデューサーの須賀満。対談第二弾は、2003年、Vo Vo Tauのドラマーとしてメジャーデビューを果たした須賀さんに、当時の心境をお聞きしました。デビュー直後の大ブレイクの裏にあったものとは?

文=島野美穂(清談社)
写真=関大介(世紀工房)

PROFILE

鈴木セリーナ
大分県出身。幼少期から英才教育を受けお嬢様として育つ。16歳の頃、親への反発心からドロップアウト。年齢を隠して、地元クラブのホステスとなる。20歳の頃、「銀座のクラブのママになりたい」と夢見て上京。当時、テレビで有名だった銀座高級クラブ「F」で働く。相手の懐に飛び込むトークと物怖じしない性格が受け、たちまち人気ホステスとなる。その後、銀座老舗クラブ「江川」に引き抜かれ、売上ナンバーワンに。銀座ホステスを辞めてからは、主に文房具を扱う企画会社とタレントのキャスティング会社を起業。マルチクリエイティブプロデューサーとして、ビジネスの世界でも成功を収める。実業界から政界、マスコミ業界まで、様々な業界のトップクラスと親交が深いことでも知られる。
須賀 満
2003年10月、アルバム「Vo Vo Tau 01hz」でメジャーデビューを果たす。1stシングルカット「裸~nude~」の大ヒットにより(20万枚をセールスしオリコン総合最高順位8位)一躍脚光を浴びる。日本では稀なR&B生バンドとして音楽シーンに新たなジャンルを示し、シングル4枚、アルバム3枚をリリースした。2006年3月、惜しまれながらもVo Vo Tauを解散。 その後、音楽プロデューサーとしての活動を開始。様々なアーティストへの楽曲制作(AI、ケツメイシ、加藤ミリヤ、Juliet、超新星、こぶしファクトリー、他多数)、CM音楽制作(ブルボン、lilidia※Web CM、rienda※Web CM、他多数)、映画音楽制作に携わる。 また最近では、新人アーティストの発掘からメジャーデビューへと、新人アーティストの育成(丸本莉子、The Super Ball)にも力を入れている。

SPECIAL TALKS / Vol.2

メジャーデビューまでの道のり

今回は、須賀さんの経歴についてお聞きしていこうと思います。Vo Vo Tauとしてメジャーデビューするきっかけはなんだったのでしょうか?

優勝賞金が1億円というバンドの大会があって、それに出場したのがきっかけですね。

1億円! すごいですね。

今では考えられないですよね(笑)。1億円あったら、そのお金を使って、バンドの活動をテレビCMで流したり、色々なことができそうだという話をバンド内でしていたんです。大会は予選から始まり、最終的に僕らは、ファイナリストの8組まで残りました。
ところが、決勝戦まであと1週間というとき。あるレコード会社の人が僕らの前に現れました。
そのとき言われたのが、「優勝はできなくなるけどメジャーデビューするか、メジャーデビューを断って1億円を取りに行くか。どちらか選んでくれ」ということでした。

決勝前に、メジャーデビューのチャンスが来たというわけですね。

はい。「君たちの人生だから、メンバー同士で話し合って決めてほしい」と言われました。僕らとしては、もちろんメジャーデビューはしたかった。かといって、1億円って、当時の僕らにとってはとんでもない大金です。当然心は揺れます。それで僕らは聞いたんです。「メジャーデビューしたら、僕らに1億円以上かけてくれるんですか?」って。そうしたら、鼻で笑われたんですよ。

なぜ笑われたんでしょうか?

「仮にメジャーデビューするとしたら、1億円どころじゃない。もっとお金がかかるんだよ」と言われましたね。人件費や、プロモーション費用も合わせると、下手したら2、3億円かかる、と。それを聞いて、メジャーデビューを選びました。

アーティスト一人を売り出すのは、すごくお金がかかりますもんね。重本ことりが私の会社に在籍中、一般の方から「重本ことりで金儲けしようとしてるだろ」とか言われてましたけど、いやいや、儲けてるどころか大赤字ですよと思ってました。

そうなんですよ。1億円ぐらいは、あっという間になくなる金額です。

音楽の世界ってすごいですね。

そもそも、須賀さんがバンドを結成したきっかけはなんだったんですか?

僕はアメリカの音楽学校に通っていて、そこで出会った仲間と、バンド活動を始めたのがきっかけです。
でも、日本に戻って活動しているときに、ボーカルの女の子だけ、レコード会社に引き抜かれちゃったんですよ。

ボーカルの女の子だけ引き抜かれる……音楽業界あるあるですね。

そうそう。それで友人の紹介で、新たにボーカルを迎えたんです。それが、皆さんが知っている、Vo Vo TauのボーカルRing(りん)です。初代ボーカルがいたということを話すのは、実は『Serenade Times』が初めてです。

そうなんですね! すごく貴重なお話を聞かせてもらいました。実際にデビューしてからはどうでしたか?

ありがたいことに、僕らがデビューするにあたり、本当にたくさんお金をかけていただきました。それこそ1億円以上(笑)。というのも、所属していたレコード会社が、当時、一世を風靡した『女子十二楽坊』を売り出したところだったんです。そこでドカンと入ったお金が、次の僕たちのプロモーションに使われたんです。今振り返ると、タイミング的にも、あのときメジャーデビューを決めて良かったと思います。

そして、デビューするやいなや、シングル『裸 ~Nude~』が、オリコン週間ランキング8位を記録したんですよね。

はい。大塚愛さんの『さくらんぼ』、平原綾香さんの『ジュピター』と、ランキングの7位、8位、9位を、入れ替わり争ってた感じです。

一方その頃、セリーナさんは、何をされていましたか?

私は、子供産んで、離婚してましたね。

本当ですか?

はい。18歳でした。まだ、大分で水商売をやりながら、くだらない男と付き合って苦労してましたね(笑)。
私は昔からテレビをあまり見ないんですけど、『裸 ~Nude~』はよく覚えています。店の営業前に有線で流れてたのかもしれません。

須賀 たしかに、有線で、めちゃくちゃ流してもらっていました。

当時のセリーナさんは、今みたいに起業するとか、社長になるとか考えていたんですか?


まったく考えてないです。大分県大分市の都町という繁華街で働いてたんですけど、そこで天下を取るってことしか考えてなかったですね。



若くして子供を産んで、さらに天下を取ってやろうと思うことが、すごいと思います!


 

単純にバカだったんですよ。何も考えずに色々できる年齢というか。
それでいて、18歳ってまだ多感な時期でもあるじゃないですか。そういう時期に、『裸 ~Nude~』を聴いていたと思うんですよね。すごく心に残っているのは…。“18歳だったから”というのも大きいかもしれません。
あとは当時って、avexがすごく勢いがある時代でしたよね。「とにかく楽しい曲」、「とにかく悲しい曲」が、リリースされては売れるという中で、『裸 ~Nude~』はそういう、avex系の曲とは一線を画していたというか。それが珍しくて、心地いいなという印象が残っています。






デビューしてすぐ大ヒットしたわけですが、須賀さんのその時の心境はいかがでしたか?


強烈に覚えているのが、『ミュージックステーション』に出演する前日のライブです。会場に全然お客さんが入らなかったんですよ。全部で10人くらいでした。



売れているはずなのに、お客さんが入らなかった?


そうです。恐らく、有線ではバンバン流れているけど、顔とバンド名と曲が一致していない状態だったんだと思います。
ガラガラの会場を見て、「俺ら、本当に明日、『ミュージックステーション』出るの?」とメンバー同士で不安になったのを覚えています。




そう思いますよね。


ところが、『ミュージックステーション』に出演した次の日。大阪でライブだったんですが、もう、信じられないくらいのお客さんが来てくれてて。あれはものすごい衝撃でしたね。「テレビって、すげー!」と思った瞬間でした。



認知度と人気度は違うんですよね。すごく有名な芸能人でも有料イベントを開いたら全然お客さんが入らないということはよくあります。



そうなんです。



お客さんが入らないときはメンバー同士でどんな話をしていたんですか?



デビュー直後から、とにかくすごく忙しかった。だから、とにかく目の前のことに一生懸命でした。でも当時は、明るい未来を話してましたね。




(第3回に続く)